topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ > オレンジワイン > エンデルレ・ウント・モル ヴァイス・ウント・グラウ 2019

エンデルレ・ウント・モル ヴァイス・ウント・グラウ 2019

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

エンデルレ・ウント・モル ヴァイス・ウント・グラウ 2019

商品番号
2606439803540
英語表記
Enderle & Moll Weiss & Grau 2019
生産地
ドイツ
原産地呼称
バーデン
品種
ヴァイスブルグンダー35%
グラウブルグンダー35%
ミュラー・トゥルガウ30%
輸入元
ラシーヌ
容量
750ml
アルコール度数
13%
価格 : 2,580円(税込2,838円)
ポイント : 141
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP_果実味f 味わいMAP_酸味a 味わいMAP_その他

3品種ブレンドのオレンジワイン

手作業で収穫。容量700Lの合成樹脂容器で3〜4日間マセレーション。手回し式バスケットプレスで圧搾、半分をステンレスタンク、半分をバリック樽に入れ、野生酵母で発酵。澱引きせずにそのまま熟成し、瓶詰め直前に軽くフィルターをかけてブレンド。微量の亜硫酸塩を添加し瓶詰めします。

 

エンデルレ・ウント・モル


2007年にスヴェン・エンデルレとフロリアン・モルの二人が設立。二人が知り合ったのは2003年から2005年までカイザーシュトゥールの醸造学校に通っていた時のことでした。醸造学校を卒業後スヴェンはケンツィンゲン・ボンバッハにあるビオの醸造所Dr.ベンツに就職し、畑での仕事を任されました。
一方フロリアンは2005年の秋に南フランスのシャトー・ドゥヴィヴィエで醸造に携わっていました。この時期にお互い偶然にビオディナミを用いたブドウ栽培を知りました。
2006年にはスヴェンがミュンヒヴァイアーの村を見下ろす斜面の上方にある、小さな手入れの行き届いたブドウ畑を借りる機会を得て、それが今日まで続くエンデルレ・ウント・モル醸造所の出発点となりました。一年間考えた後に、自分達の小さな醸造所を設立することを決意。2009年には、2008年の11月末に手作業で瓶詰した初リリースとなる“ピノ・ノワール2007”が初めて発売されました。現在所有する畑面積は2.2haほどで、友人が栽培してブドウを提供する畑を含めると7ha前後になります。