• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
リーデル商品ページ
サントリー日本ワイン
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
スタッフ紹介
ワインの選び方
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
公式Facebook

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ > ワインセット > 販売中 > 気軽に飲もう!安ウマ!世界のピノ・ノワール6本セット *

気軽に飲もう!安ウマ!世界のピノ・ノワール6本セット *

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

気軽に飲もう!安ウマ!世界のピノ・ノワール6本セット *

商品番号
2507990033417
英語表記
6 bottles of wine assortment
容量
750ml×6
価格 : 9,980円(税込10,978円)
ポイント : 109
数量    残りあと3個
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

気軽に飲もう!安ウマ!世界のピノ・ノワール 6本セット

日暮
arrow

※10/27より出荷開始となります。予めご了承ください。


こんにちは、日暮です。

高貴なブドウ品種と知られるピノ・ノワール。多くのワインラヴァーが好むブドウ品種かと思います。
ピノ・ノワールの産地として代表的なのはやはりブルゴーニュだと思いますが、近年さまざまな産地のピノ・ノワールが注目されています。
そんなピノ・ノワールを「リーズナブル、かつ、美味しい」といった2つの要素をしっかり兼ね備えた6本セレクトしました。
こちらのセット、参考価格合計12,180円(+tax)のところ9,980円(+tax)です!なんと1本あたり1,664円(+tax)です!この価格なら気軽に開けられますね。
いずれも産地が被っていないので、それぞれの土地の個性を感じながらお楽しみいただけるかと思います。

ピノ・ノワールの王道、ブルゴーニュ。このブシャールのコトー・デ・モワンヌは良いヴィンテージのときのみ生産され、AOCブルゴーニュの上級キュヴェ。コート・ド・ボーヌの複数のテロワールから選び抜かれたブドウをブレンドし、深みのあるリッチな味わいに仕上げています。

ニュージーランドからはストラタムのピノ・ノワール 。私、これ好きなんですよね〜。 甘く熟したベリー・チェリーのニュアンス、華やかな香り、果実味豊かで明るい印象。

アメリカからはカーヴドリラックスでも人気の生産者、Jローアーのピノ・ノワールを。凝縮感たっぷりで濃厚。ブルゴーニュのピノ・ノワールとは全然違う表情を見せてくれます。

イタリアからは火山性土壌と昼夜のメリハリのある気候に育まれた、冷涼感と果実感、ミネラルのバランスが絶妙な ヴェネトで造られたピノ・ノワール

チリからはエラスリスのピノ・ノワール。エレガンスはそのままに、完熟した葡萄の豊かさをもつ、リッチなスタイル。もともと安めのワインですけど、価格以上にしっかり満足感を得られるクオリティです。

アルゼンチンからはパーカー氏も認める生産者のカテナ。そのカテナが造る手摘み100%のブドウを使用したコスパ良しのピノ・ノワール。シルクのように滑らかで柔らかい口当たり。

ぜひ、お買い求め下さい!

参考価格合計12,180円のところ
9,980円(税抜)で発売致します!!
 

セット内容

ブシャール ペール・エ・フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール コトー・デ・モワンヌ 2018ブシャール ペール・エ・フィス
ブルゴーニュ ピノ・ノワール コトー・デ・モワンヌ 2018*

参考価格: 2,830円(税抜)

赤系果実の香りが豊か​
AOC:ブルゴーニュ
品種:ピノ・ノワール

13kgの小型の収穫かごを使用。区画ごとのタイミングで収穫後、1時間以内にカーヴに到着し、選果の徹底を行う。
5年使用のフレンチオークで10ヶ月(新樽20%)熟成
チェリーやラズベリーなど熟した赤系果実の香りが豊か、タンニンも穏やかなワインです。

ブシャール P&F
1731年創業、1775年にヴォルネーのカイユレ畑、タイユピエ畑などを取得しワイン造りを開始しました。1820年に、15世紀の要塞であるシャトー ド ボーヌを取得し瓶熟庫として利用しており、現在も19世紀のワイン約3000本が眠っています。
1995年、シャンパーニュの老舗アンリオ家の故ジョゼフ アンリオがオーナーになると、ワイン造りの全工程において徹底した品質改革が行われました。自社畑ブドウから造られるドメーヌワインと買いブドウからのネゴシアン部門がありますが、ドメーヌとしてのブシャールは、コート ドールに約130ha(うちグランクリュ12ha、プルミエクリュ74ha)におよぶ優れた畑を所有するコート ドール最大のドメーヌです。
品質向上へのめざましい取組みにより、優れたテロワールの力が発揮され、国際的に高い評価を得ています。また、「幼子イエスのブドウ畑」の呼び名で有名な畑「ボーヌ グレーヴ ヴィーニュ ド ランファン ジェズュ」の単独所有者としても知られています。

ジャンニッテサーリ ピノ・ノワール 2018ジャンニッテサーリ
ピノ・ノワール 2019

参考価格: 1,580円(税抜)

冷涼感と果実感、ミネラルのバランスが絶妙​
IGT:ヴェネト
品種:ピノ・ノワール

カルヴァリーナ火山(Calvarina)を母岩とする火山性土壌の畑 マッフェア(Maffea)で造られるピノ・ノワール。
発酵はステンレスタンクで約10日。熟成は4000リットルの大樽で約6ヶ月間行います。株密度は7,000本/ha。年間生産量は約20,000本。
赤いベリー系果実の香りに全体をまとめる酸。穏やかな樽のニュアンスを感じる旨みのつまった味わいです。

ジャンニッテサーリ
ジャンニテッサーリの畑はアルフォン・ヴァレー(Alpone Valley)内、ロンカ村を中心に55haを所有します。現在のオーナーは1963年生まれの醸造家ジャンニ・テッサーリ氏。彼は創業者のマルカートファミリーの元で醸造を担当していました。
そして2013年にワイナリーを譲り受けました。現在は妻のアンナ・マリア氏、そして娘のヴァレリアとアリスの協力の元、ワイン造りに勤しんでいます。ジャンニ氏は素材である健全な葡萄を通して、畑ごとのテロワールを削り出す作業を彫刻に例えます。畑のどのような土壌にどの品種を植えるか、その仕立て方、選定、育て方など、彼は葡萄の樹が成長する前に既にそのイメージが先にあるそうです。
そして絶対なる確信の元に収穫される葡萄からジャンニ氏はテロワールの姿を削り出していきます。メインの土壌は古カルヴァリーナ火山(Calnarina)が源の風化して砕けた玄武岩で、典型体な火山性土壌です。

シャーウッド・エステート ストラタム ピノ・ノワール 2019シャーウッド・エステート
ストラタム ピノ・ノワール 2019

参考価格: 1,980円(税抜)

豊かな味わいに、バランスのとれた丸み​
産地:ニュージーランド/マールボロ
品種:ピノ・ノワール

色合いはやや淡いルビーレッド。豊かなベリー果実のアロマに、かすかにオークの香りが漂い、豊かな味わいに、バランスのとれた丸みのあるフィニッシュをむかえます。
サーモンのグリル、チキンの赤ワイン煮、焼き鳥、ラタトゥイユ、ソーセージの煮込みと合わせて楽しめます。

シャーウッド・エステート
まるで絵画のような美しい景観のワイパラ・ヴァレーにシャーウッド エステート ワイナリーは位置し、ワイパラ・ヴァレーとマールボロに4つずつ計8つのブドウ畑を所有しています。サステイナブル プログラムおよび有機栽培に取り組み、信じられないほど手間をかけたブドウ栽培を実践しています。醸造は最新鋭の設備で、すべてを自社で賄う近代的ワイナリーです。「高品質のワインは世界中の人々を魅了する」という信念のもと最高級のクオリティーを目指してワイン造りを行っており、その活動がニュージーランドワイン発展に大きく貢献しています。
自然を利用した有機栽培を行うため、ブドウ樹の間隔を広く取ります。そして剪定を徹底的に行うことにより日光と風の通りを良くし、さらに樹木の間に花を栽培することにより害虫はブドウではなく花に集まるようにします。また、ブドウの皮は堆肥として利用され、大量に剪定された枝や葉なども有機栽培を行う原料として活用されるなどサステイナブル的有機栽培が施され、さらにワカメなどの海藻を樹木の下に敷くことにより肥料とするという全く労を惜しまない取り組みが行われています。

エラスリス・エステート ピノ・ノワール 2018エラスリス・エステート
ピノ・ノワール 2018

参考価格: 1,400円(税抜)

洗練されたストラクチャと鮮やかな酸味
産地:チリ/アコンカグア
品種:ピノ・ノワール

いちご、チェリー、プラムなどの赤い果実の繊細な香りがまず立ち上ります。
新鮮かつみずみずしい果実味が、洗練されたストラクチャと鮮やかな酸味と共に口に広がります。

ヴィーニャ・エラスリス
1870年創業、135年以上の歴史を誇る名門、ヴィーニャ・エラスリス。「世界で最も優れたカベルネを生み出す」という 、“カベルネの聖地”アコンカグア・ヴァレーをほぼ独占所有します。
「テロワールを尊重し、自社畑の葡萄から、洗練されたエレガントなワインを生む」という、創業者、ドン・マキシミアーノ・エラスリスの哲学を継承。
エステート(ドメーヌ)としての在り方にこだわり続けてきたエラスリス。1980年代後半から、世界的にチリワインに対する需要が高まるにつれ、大手ワイナリーが「大量生産による廉価なワイン」の輸出増を図るなか、エラスリスはチリのどのワイナリーにも先駆け、「ミシュランの星に認められる高品質ワイン」を造り続けてきました。
2004年1月、リッツ・カールトン・ベルリンにてヨーロッパを代表するジャーナリスト、トップソムリエ等36名が会し行われた世紀のブラインド・テイスティング。誰もがその勝利を確信していたシャトー・マルゴー、ラトゥール、ラフィット等の予想を裏切る形で、見事ナンバー1に輝いたのは、エラスリス・ヴィニエド・チャドウィック2000。エラスリスのカベルネの秀逸性を世界に証明しました。

J.ローアー ファルコンズ・パーチ ピノ・ノワール 2018J.ローアー
ファルコンズ・パーチ ピノ・ノワール 2018

参考価格: 2,400円(税抜)

ダークチェリーやプルーンを思わせる果実の風味​
産地:アメリカ/カリフォルニア
品種:ピノ・ノワール

J.ローアーのエステート シリーズで大人気のピノ・ノワール。
冷涼な気候をもつモントレー地区アロヨ セコ地域で収獲された完熟ブドウから生み出される密度の濃いボディ。
ダークチェリーやプルーンを思わせる果実の風味に、存在感のある酸が全体の味わいを心地よく引きしめています。

J.ローアー
J.ローアーは、1974年に設立された家族経営のワイナリー。
それまでは大量生産型のテーブルワインの供給地だったセントラルヴァレーのパソロブレスやロダイといった土地で、徹底した土壌や気候の調査を重ねて葡萄園を開墾し、きわめて高品質なワインの生産を可能にしました。
また2010年には、ワイン専門誌「ワイン・エンスージアスト」が選ぶ全米トップワイナリーにも輝いています。

カテナ・アラモス セレクシオン ピノ・ノワール  2017カテナ・アラモス
セレクシオン ピノ・ノワール  2017*

参考価格: 1,990円(税抜)

熟した果実の味わいが見事​
産地:アルゼンチン/メンドーサ
品種:ピノ・ノワール

メンドーサの中でも標高の高い、トゥプンガトエリアでとれたブドウを使用。8時間のマセラシオン。9-12度という低温で35日間かけて醗酵。
鮮やかなルビー色。熟したプラムやストロベリー、ブラックベリーのフレッシュな香りがいっぱいに広がり、口に含むと酸味とまるいタンニン、熟した果実の味わいが見事なバランスをとって舌に広がります。

カテナ
1902年、ニコラ カテナがイタリア、マルケ州よりアルゼンチンに移住し、メンドーサでブドウの栽培をしたことから始まります。
3代目にあたる現当主二コラス カテナは1980年代にカリフォルニアの高品質ワインのつくりに影響され、「アルゼンチンを代表して世界に通用するワインをつくりたい」という希望を胸に帰国。以降、メンドーサの土壌の研究と品種・クローンの相性について徹底的に研究を進め、今や世界のトップワインとして必ず挙げられるほどの造り手として評価されています。
現在は娘のラウラ カテナが中心となり、テロワールやマルベックの研究を行い、ワインの品質向上に努めています。