• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
サントリー日本ワイン
サントリー日本ワイン
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

メルマガ会員募集中
ワインの選び方
スタッフ紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993

トップ > ワインセット > ブルゴーニュ バリューパック Vol.13 6本セット* 【クール便配送】

ブルゴーニュ バリューパック Vol.13 6本セット* 【クール便配送】

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

ブルゴーニュ バリューパック Vol.13 6本セット* 【クール便配送】

商品番号
2907190010612
英語表記
6 bottles of wine assortment
容量
750ml×6
価格 : 19,800円(税込21,780円)
ポイント : 217
数量    残りあと19個
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
【ご注意】
*この商品は品質保持のため原則としてクール便で発送いたします。別途クール便代はかかりますがご容赦ください。
 もし、クール便をご希望でない場合は注文画面の備考欄にてお知らせください。
 その場合、配送中の温度変化によって液モレが発生しても、返品・交換には応じかねますのでご了承ください。
*他の商品との同梱をご希望の場合は、注文画面で必ず「佐川急便(クール便)」をお選びください。
 お選び頂きませんと、クール便と普通便の配送料がいったん発生してしまいます。
 合計で15,000円(税込)以上のご注文の場合、こちらで確認して送料を削除しますが、ご協力頂けましたら幸いです。
 
スタッフ山崎
arrow

おまっとさんでした。
「ブルゴーニュ バリュー パック vol.13」

前回ご好評賜りました当セット、第13弾の発売です。

今回も前回に劣らぬ内容にてお届けします。
ピノ・ノワールには、
村名ジュヴレ・シャンベルタン の良区画「ラ・ジュスティス」1本に
名門生産者のブルゴーニュ・ルージュを2本。
シャルドネには、
プルミエ・クリュが誕生したことでも話題の村名プイィ・フュイッセ1本に
限りなく村名ムルソーに近いブルゴーニュ・ブランを1本、
そこへ、コスパNo.1のマコン・ヴィラージュを加えました。

以上6本を、19,800円(+tax)にてご案内いたします。
今回は限定36セットの販売です。

ルネ・ブーヴィエ ジュヴレ・シャンベルタン ラ・ジュスティス 2016
ジュヴレ・シャンベルタンの優良生産者、ルネ・ブーヴィエの村名クラスです。
エレガントな飲み口の基軸に、ジュヴレ・シャンベルタンらしい骨格と
全房醗酵のスモーキーさを豊富に発揮する当生産者。村名区画の中でもこの畑とは非常に相性がいいと感じます。
「974号線を超えた先では、凡庸なワインが生まれる。」
我々にとってよく知られた通説ですが、それを覆すのが、「ラ・ジュスティス」です。
ACジュヴレ・シャンベルタンは、974号から喉仏のように突き出る村名区画が印象的ですが、
「ラ・ジュスティス」は、その喉仏の上辺に当たる畑。
ジュヴレにおいて、シャルムやマゾワイエールと言ったグランクリュを凌駕する人気を誇るラヴォーの谷(クロ・サン・ジャック、ラヴォーサンジャックをなど)の延長線位置します。
ラヴォーと言えば、石灰岩の運搬能力。それは他の村には見られない、東側に突き出た村名区画を生みました。 村名ワインで区画名を表記されることの多い「ラ・ジュスティス」は、その恩恵を受けた畑のひとつです。 砂質や石灰の礫を多く含む土壌は、黒果実の充実と逞しくも引き締まった骨格をもたらします。


ソメーズ・ミシュラン プイィ・フュイッセ ヴィーニュ・ブランシュ 2017
こちらのワインは、プイィ・フュイッセの粘土質が強い土壌から造られる1本。
この「ヴィーニュ・ブランシュ」という区画は、かつて黒葡萄が多く植わっていたマコネ地区の中にあってシャルドネ以外が植えられたことがなく、白ワインによく適した土壌とされています。
先日プルミエ・クリュに格上げされた区画、フュイッセ村の「Les Vignes Blanches」と同名なのですが、このワインはその一級に当たるのでしょうか。どちらにせよ、ヴェルジッソン村の6区画のブレンドだそうなので、完全なプルミエ・クリュのワインではありませんが、 調べても詳細よくわかりませんでした。
ともあれ、こちら非常にクオリティの高い一本。樹齢60年の葡萄と、当主ロジェ・ミシュランの丁寧な仕事がにじみ出ています。 白い花のアロマ、青リンゴやオレンジを感じさせる果実の中に、流れるようなミネラルを感じます。 熟度の高い果実を有しながらもまったく重さを感じさせない質感は、ソメーズ・ミシュランに特有なもので、ぜひ味わっていただきたい見事なバランスを有する1本です。


レミ・ジョバール ブルゴーニュ・コート・ドール・ブラン ヴィエイユ・ヴィーニュ 2017
ムルソー の星付き生産者、レミ・ジョバールが作るACレジョナルです。
ACムルソー隣接区画の古樹に由来し、村名キュヴェと同じ醸造工程を辿るワインなので、一歩間違えればムルソーと言って遜色のない1本。
澱との長期接触やフードル(大樽)による熟成など、アルザスワインに似たアプローチで透明感のあるムルソーを造る当生産者。
ピンと張った緊張感のある質感が、間違いなく2017年というヴィンテージにマッチしています。
シトラスなどの清涼感をもつ柑橘や白い花に、ナッツ系の香ばしさがふわっと奥行きを与えてくれます。
この質感の液体でありながら、果実味にも充実感があるのが高樹齢の素晴らしさでしょうか。
熟成も期待できますが、もちろん今飲んでも。事前の抜栓や大き目のグラスをご用意いただけるとよりお楽しみいただけると思います。


ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・サピデュス 2016
ブルゴーニュ ピノ・ノワールにおける特別なキュベ、サピデュスです。
モンジャール・ミュニュレはACブルゴーニュとして、ニュイサンジョルジュとヴージョに畑を所有しています。
ブルゴーニュ ピノ・ノワールとしては、両者のブレンドをリリースしている当生産者。
こちらのキュヴェは、ヴージョの樹齢約55年の葡萄のみから作られます。
これがいいんです。
無印ブルゴーニュルージュはアロマと華やかな果実の鮮やかな発露が眩しいワイン。
これもその特徴をもったワインなのですが、さらに凝縮感があります。
きめ細かくも確かに存在感のあるタンニンや、滑らかな質感、ぎゅっと詰まった赤果実が、
上ずらずにしっかりと構えられているところが素晴らしい。


ドメーヌ・ミシェル・ノエラ ブルゴーニュ・ルージュ 2018
ヴォーヌ・ロマネの銘家が造るブルゴーニュ・ルージュです。
丸みのあるゆったりとしたピノ・ノワールが得意な生産者。
コンクリート熟成をメインに、一部を樽熟成させて仕上げるこのキュヴェは、生産者の個性ともいえる角のない果実味に満ちていて、
ニュイ・サンジョルジュ近郊というと想像されるかもしれない、タフな造形はありません。
豊潤な果実、柔らかな酸が、暑いヴィンテージのヴォリューム感をしっかりと表現しており、ACレジョナルでありながら充実の内容です。
最初ややガスっぽいので、事前抜栓して慣らしてあげると、とてもおいしいです。

ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン マコン・ヴィラージュ 2017
ヴィレ・クレッセを代表する生産者「ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン」が造るお得レンジのキュヴェです。
ソーシャルゲーム業界に先んじて、「放置するだけでレベルが上がるシステム」をワインへ導入したことでも知られる、
というとお叱りを受けそうですが、とんでもない長期間の発酵熟成を施したのちに、唯一無二のワインを送り出す当生産者。
こちらは熟成期間を短くして造り上げたワイン。
ボングランのシンギュラリティは、より軽快なものに薄められていますが、 その薄まり方が絶妙で。
ヴィレ・クレッセまで行くと一定の覚悟が必要なのですが、その奇抜さをスイっと楽しめる。
もう皆さまご存じかと思いますので、長々とコメントする必要もないでしょう。
ブルゴーニュにおける最高のコスパワインの一つです。


参考価格合計30,540円(税抜)のところ
19,800円(税抜)で発売致します!
 

セット内容

ルネ ブーヴィエ ジュヴレシャンベルタン ラ ジュスティス 2016ルネ・ブーヴィエ
ジュヴレ・シャンベルタン ラ・ジュスティス 2016

参考価格:8,400(税抜)

品種:ピノ・ノワール
AOC:ジュヴレ・シャンベルタン

2ha所有。平均樹齢40年のブドウから。「ジュスティス」は「正義」の意味で、この場所はかつて裁判所があり、絞首台があったことから名付けられました。粘土と大量の細石の水はけのよい土壌です。 熟した黒系果実にスミレのニュアンス、ボリューム感の大きい香り。肉付きがよく、非常にいきいきとしていて、ビロードを思わせるなめらかな口当たりがエレガント。ジュヴレのテロワールの特徴を見事に現しています。

ドメーヌ・ルネ・ブーヴィエ
1910年にアンリ ブーヴィエ(ベルナールの祖父)がマルサネ村にドメーヌ設立。1950年にはルネ ブーヴィエ(ベルナールの父)がドメーヌを引継ぎ、畑を12haまで増やしました。その後、現当主ベルナール ブーヴィエがドメーヌを引継ぎました。2005年にはオスピスで『5名の有望な若手生産者』に選出されました。2006年、ジュヴレ村に新醸造設備を建立(ドメーヌ シャルロパン・パリゾの隣)し、現在はジュヴレ村に醸造所を構え、8つの村(北はディジョンから南はヴォーヌ・ロマネまで)に合計17ha所有しています。平均樹齢は約50年、ジュヴレ シャンベルタンには90年を超える樹齢の樹もあります。


ドメーヌ・ソメーズ・ミシュラン プイィ・フュイッセ ヴィーニュ・ブランシュ 2017ドメーヌ・ソメーズ・ミシュラン
プイィ・フュイッセ ヴィーニュ・ブランシュ 2017

参考価格:5,300(税抜)

品種:シャルドネ
AOC:プイィ・フュイッセ

ヴィーニュ ブランシュという名の畑を含む、ヴェルジッソンのいくつかの畑の平均樹齢約60年のブドウのアサンブラージュ。 「ヴィーニュ ブランシュ」は、洋梨などのジューシーな果実の凝縮感とキラキラした美しい酸味のバランスが良くとれたワインです。

ドメーヌ・ソメーズ・ミシュラン
1978年に現当主のロジェ ソメーズが設立したドメーヌ。1982年にクリスティーヌ ミシュランと結婚し、ドメーヌ ソメーズ ミシュランとなりました。マコネ地区ヴェルジッソン村の名所「ロッシュ ド ヴェルジッソン」の丘の中腹に位置しています。ロジェ ソメーズは、「ブドウの持っているポテンシャルをいかに上げるかが最も大切で、そのポテンシャル以上のものはワインには表現できない。そのため、畑での作業をとても重視している。」と自然を尊重しながらワイン造りを行っています。そしてプイィ・フュイッセの品質向上の象徴的存在と言われています。

ドメーヌ・レミ・ジョバール ブルゴーニュ・コート・ドール ブラン ヴィエイユ・ヴィーニュ 2017ドメーヌ・レミ・ジョバール
ブルゴーニュ・コート・ドール ブラン
ヴィエイユ・ヴィーニュ 2017

参考価格:5,300(税抜)

品種:シャルドネ
AOC:ブルゴーニュ

ムルソー村名の畑に接している9つの区画から造られ、醸造も村名ワインと同じ手間をかけているため(新樽15%)ムルソー村名に限りなく近いストラクチャーを持っています。 柑橘系や白い花のような香りに凝縮した味わいがしみじみと口の中に広がります。デカンタージュを行うことにより本来のポテンシャルをお楽しみいただけます。

ドメーヌ・レミ・ジョバール
レミ ジョバールはルネッサンス(室町時代)からワイン造りに携わっている家系で、ムルソー村を中心に9.7haの畑を所有しています。1991年に父のシャルルから、現当主のレミがドメーヌを引き継ぎました。1993年にはムルソー アン リュロールの畑を購入。当初樹が活力に欠けていたため化学肥料をたくさん使用した結果、順調に育ったがその後完全に腐ってしまうという経験を経て、翌年には化学肥料の使用をやめることを決断し、有機栽培を実施したことにより、ブドウが自然にバランスをとれるようになりました。

ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ ブルゴーニュ ピノ・ノワール キュヴェ・サピデュス 2016ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ
ブルゴーニュ ピノ・ノワール
キュヴェ・サピデュス 2016

参考価格:4,300(税抜)

品種:ピノ・ノワール
AOC:ブルゴーニュ

ヴージョ村の樹齢55年の葡萄を使用して造られるACレジョナルのワインです。 濃厚な色合いの液体からは、赤果実類、スパイスや下草の香りがあります。若いうちに飲んでも、エレガントな質感とテロワールの特徴を感じることができるワインです。

ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ
ブルゴーニュのヴォーヌ・ロマネに本拠地をもつドメーヌ。1941年創立ですが、18世紀の終わり頃から一族は9代にわたってワイン造りを開始し、コート ド ニュイからコート ド ボーヌまで広く畑を所有しています。現当主は8代目、ヴァンサン モンジャール。既存畑の維持だけでなく、更なる規模拡大にも力を入れており、積極的に畑の購入を進めています。現在所有している畑は、エシェゾー(最大の所有者)、グラン エシェゾー(2位の所有者)、クロ ド ヴージョ、レ スショなど総合面積は33ha。アペラシオンの数は35にものぼります。伝統的な手法を頑固に守りつつ、力強く芳醇で、長寿自慢の素晴らしいワインが生まれます。

ドメーヌ・ミシェル・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2018ミシェル・ノエラ
ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2018

参考価格:3,600(税抜)

品種:ピノ・ノワール
AOC:ブルゴーニュ

ニュイ・サン・ジョルジュ村の畑のブドウを使用。厳しい選果と醸造の各工程に細心の注意を払い、エレガントで美しいストラクチャーのワインを生み出しています。 ブラックベリーやチェリーのような果実のニュアンスを持ち、チャーミングに仕上がっているブルゴーニュ ルージュです。

ドメーヌ・ミシェル・ノエラ
ヴォーヌ・ロマネの5世代に渡る家族経営ドメーヌ。コート ド ニュイにグラン クリュから村名・レジョナルまで幅広く計25haを所有。コート ド ニュイの生産者としては平均所有畑を大幅に上回る規模。現在はアラン ノエラと弟のジャン・マルク ノエラがドメーヌの運営、ワイン造りを行っており、ポテンシャルが非常に高い区画を所有しているにも関わらず、厳しい選果と醸造の各工程に細心の注意を払い、エレガントで美しいストラクチャーのワインを生み出してます。生産量の約半分が個人客への販売。日本への輸出は非常に少ないためあまり名を知られていませんが、ブルゴーニュのピノ ノワールの純朴で甘美な香りが華やかに舞い、透明感のある無垢な味わいが随所に感じられます。

ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン マコン・ヴィラージュ 2017ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン
マコン・ヴィラージュ 2017

参考価格:3,540(税抜)

品種:シャルドネ
AOC:ブルゴーニュ

このドメーヌの他のワインよりも熟成期間を若干短くしリリースされるコスパのよいアイテム。ビオロジック農法で栽培され、手収穫されたドメーヌのブドウだけを使って造られています。 レモンの蜂蜜漬けやハーブなどの香りがあり、ほどよいボリュームのあるワイン。

ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン 
マコネー地区のヴィレ村とクレッセ村の間にあるカンテーヌ村で、15世紀からテヴネ家が所有しているドメーヌ。ジャン テヴネと息子のゴーティエによってドメーヌの伝統が引き継がれています。いまだ大量生産ワインの多いこの地域において、ボングランでは、代々継承されてきた伝統的な手法で栽培・醸造に取り組み、飲み頃になるまでは出荷しません。そのため、完熟ブドウから驚くべき複雑味、余韻を持つテヴネのワインが実現しています。ドメーヌ名の”Bongran”は、「良いブドウの粒(bon grain)から造られるワイン」に由来しています。