東京・港区虎ノ門のワイン専門店通販

暑い日が続きますので、ご注文の際はぜひクール便をご利用ください。

新規会員登録で500ポイントプレゼント!!

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

ソムリエに相談する
  • 新しいワイン空間 The Cellar Roppongi
  • 公式インスタグラム

営業日カレンダー

2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

サンマモル・ワイナリー 下北ワイン Ryo 2018
Sunmamoru Winery Shimokita-Wine Ryo 2018

サンマモル・ワイナリー 下北ワイン Ryo 2018

拡大画像を見る

※画像は実際のヴィンテージ、ラベルとは異なる場合があります。

商品番号4562257790746
商品名サンマモル・ワイナリー 下北ワイン Ryo 2018
原産国日本
生産地域青森県
色・味わい赤 ミディアムボディ
容量720ml
アルコール度数12%
販売価格2,400 円(税込2,640 円)
ポイント26 ポイント
数量
カートに入れるすぐに購入する
  • お気に入りに追加
  • 商品についてのお問い合わせ
日本 青森県 赤 ミディアムボディ
品種:ピノ・ノワール100%
サンマモル・ワイナリーは青森県下北半島、恐山連山のすそ野に広がるエリア、川内町に構えるワイナリー。ブドウ園は第四紀洪積世に形成された高位段丘(標高60m)にあります。この付近一帯は恐山火山噴出物の角礫凝灰岩(軽石流)でおおわれ赤色土化した粘土質土壌で形成されています。畑面積は約10ha。ピノ・ノワールやメルロー、ドイツ系白品種を垣根仕立てで栽培しています。
下北半島で栽培に成功したピノ・ノワールを100%使用しています。ルビー色に輝き、ストロベリージャムのような香りをはなつ、渋みの少ない果実味と酸味のバランスの取れたシルキーな辛口赤ワインです。
(アルコール度数:12%)

♪ 日暮のおすすめワイン
今回は日本のピノ・ノワールをおすすめ致します!
かなり久しぶりの入荷となった青森県のサンマモルワイナリーのワイン。
今回入荷したのは今販売している日本のピノ・ノワールセットに入っているRyo セレクションと、このスタンダードのRyoです。
結論から申し上げると近年日本でもピノ・ノワールを造っているワイナリーは結構ありますが、その中でもこのピノ・ノワールはおすすめ!
香りのボリューム感もわりとあって、しっかりピノしていて飲む前から期待が高まります。
口にして特に思ったのは生のブドウを頬張ったようなフレッシュでピュアな果実感です。
薄ウマ出汁系というよりは豊かな果実味やほどほどのタンニンがあるタイプのピノ・ノワール。
抜栓したてはわりと酸味が高いかなと感じたのですが、2〜3日目にはそれが少しずつ丸くなっていった印象。
この好みは人それぞれですが、個人的には初日の感じが好きですね。
複雑味や今後の熟成を楽しみというよりは、今のこのフレッシュ感を楽しむワインなのかなと思いました。
コルクじゃないので抜栓するのに手間もいらず、早ければ10秒でワインが飲めます(←個人差はあります)!
日常の中で気兼ねなくピノを飲みたい、そんなワイン。
そもそもこの価格帯で日本のピノ・ノワールを出せること自体が素晴らしいと思いますが、それでこのクオリティはかなり良いと思います。
日本ワイン好きやリョウさんという名前の方にはもちろん、色んな人に試しに飲んでみてもらいたいですね!
ただ、今回入荷できたのはごく僅かで、残りも既に多くはないので気になった方はぜひぜひお早めにお買い求め下さい! 
これ、おすすめです!!
(2020年6月)


トップへ
戻る