• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
サントリー日本ワイン
サントリー日本ワイン
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

メルマガ会員募集中
ワインの選び方
スタッフ紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

実店舗情報

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区西新橋
    1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区有楽町
    1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部内
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区外神田
    4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区虎ノ門
    1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993

トップ > チリ > デ・マルティノ レガード ピノ・ノワール 2018

デ・マルティノ レガード ピノ・ノワール 2018

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

デ・マルティノ レガード ピノ・ノワール 2018

商品番号
7804395003324
英語表記
De Martino Legado Pinot Noir Reserva 2018
生産地
チリ
原産地呼称
リマリ・ヴァレー
品種
ピノ・ノワール
輸入元
BB&R
容量
750ml
アルコール度数
13%
価格 : 2,300円(税込2,530円)
ポイント : 25
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

赤 ミディアムボディ

1934年にイタリアからチリのイスラ・デ・マイポに移民してきたデ・マルティノ家が設立したワイナリー。最初はボルドー品種に特化していましたが、チリの固有のテロワールを研究し続け、今ではマイポ、カサブランカ、リマリ、カチャポアル、マウレ、エルキ、チョアパという7つのDOのヴァレーでワイン造りを行っています。設立から約80年が経った今、家族の3代目に続く若い世代がワイナリーの新しいプロジェクトを牽引しています。


♪ 日暮のおすすめワイン
先月に続き、ニューワールドワインのバイヤー金山氏から勧められたワインを買ってみることに!
今回は新入荷チリのピノ・ノワール。
名前は聞いたことありましたが詳しくは知らなかったので、このワイナリーのことを調べてみました。
このデ・マルティノはチリで実質、もっともダイナミックかつ進歩的なワイナリーと称される存在だとか。
すべての畑でサステイナブルな栽培。
醸造に関しても発酵は自然酵母のみを使用し、発酵後の酸の調整やSO2の添加もしないなど、土地の個性を純粋にワインに表現することを心掛けているそうです。
ちなみにこのピノ・ノワールを造る畑は海の影響を受ける冷涼な気候に位置する側だそうです。
グラスに注ぐと熟した赤系果実系の色調。
香りも同様に熟した赤系果実と、そこに茎っぽさやナチュラルワインっぽさ(癖はない)もあり、色々な要素を感じます。
果実味とタンニンも程々にあるけれども、パワフルで飲んでいて疲れるようなワインではなく、わりとスル〜っと身体に入ってくるワインです。
あらゆるブドウ品種の中でもピノ・ノワール好きの方は特に多いと思うので、なにか新しいピノ・ノワールはないかな〜っとお探しの方はどうぞ試してみて下さい!
(2019年12月)