• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
リーデル商品ページ
サントリー日本ワイン
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
スタッフ紹介
ワインの選び方
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
公式Facebook

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ > 南アフリカ > ストーム・ワインズ リッジ ピノ・ノワール 2018

ストーム・ワインズ リッジ ピノ・ノワール 2018

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

ストーム・ワインズ リッジ ピノ・ノワール 2018

商品番号
700083667700
英語表記
Storm Wines Ridge Pinot Noir 2018
生産地
南アフリカ
原産地呼称
ヘメル・アン・アード・リッジ
品種
ピノ・ノワール
輸入元
ラフィネ
容量
750ml
アルコール度数
13.5%
価格 : 6,300円(税込6,930円)
ポイント : 69
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

しっとりとした落ち着きと優雅さを与えてくれる極上のピノ・ノワール

渓谷に位置した南東向きの斜面。標高は330mで3エリアの中で最も高く、非常に冷涼。「フレダ」の畑よりもブドウの生育が1ヶ月ほど遅く、じっくりと味わいを深めていきます。
アロマにはワイルド・ストロベリーなどのベリー系の香り、ハーブ、スパイス、全房使用よるダスティーなニュアンスが感じられます。シルクのようなタンニンと深い色合いの果実味がリッチで、スパイシーな香りと共に鼻腔をくすぐり、官能的な余韻を誘います。


ストーム・ワインズ


2012年に南アフリカの首都プレトリア出身のハネス・ストーム氏がヘルマナスに設立したワイナリー。ケープタウンから東へ120kmに位置するリゾート地ヘルマナスにある海洋性気候のワイン産地のウォーカーベイ地域は、シロナガスクジラが見られることでも大変人気ですが、この中の地区ヘメル・アン・アードが2009年に3分割(ヘメル・アン・アード・ヴァレー、アッパー・ヘメル・アン・アード・ヴァレー、ヘメル・アン・アード・リッジ)されました。この3地区すべてに畑を持ちワイン造りをしているのはストーム・ワインズだけです。3つの異なる地区(ワード)の個性を活かすため、人的介入は最小限にとどめ、徹底した少量生産を貫くことにより、最大限にその魅力を発揮しています。