topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
情野ソムリエ特集
ファインズ生産者コラム
スタッフブログ
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ>アピシウス シェフソムリエ 情野氏 に訊く、“今”オススメのワイン

アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン

ソムリエ
情野 博之氏

情野 博之氏

有楽町フランス料理店「アピシウス」シェフソムリエ。
ワイン専門誌への連載のほか、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にて密着取材が放送されるなど、メディアでも活躍。

■国際ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ
■ゴ・エ・ミヨ ガイド2019「ソムリエ オブ ザ イヤー」
■シャンパーニュ・アンリオ アンバサダー
■自由が丘ワインスクール主任講師
■女子栄養大学非常勤講師
■シャンパーニュ騎士団 認定オフィシエ

こんにちは、ソムリエの情野博之です。

ソムリエを生業にしてから約30年、数えられないほどの様々なワインを飲んできました。
本業は40年続く有楽町のフレンチレストラン「アピシウス」のシェフソムリエですが、 それに加え、ワイン雑誌やメディア関連、インポーターさんの試飲会などを含めるとワインの試飲数は年間2000本近くになります。

このコンテンツではその出会ったワインの中から、自分の舌で確信した「美味しいから本当に飲んで欲しい!」をベースに 「気軽に楽しく飲める旨いワイン」を紹介させて頂きます。

今月のオススメ

2021年もあとわずか、コロナで様々な生活の不便さを味わいました。
今回はそんな中でもこんなワインを飲んだら『ハッピー』になれそうなワインを選んでみました。
世知辛い世の中、せめて年末年始はゆったりとした気持ちでいたいものです。
そんなことを考えてみるとしっかりした味わいは何か疲れる感じがするので『渋すぎず』『まろやかで』がベストチョイスかと。
TPOを選ばずダラダラ飲んでも決して飲み疲れしない味わいのワイン達です。
飲みやすくクセのないワインを飲みながら一年の疲れを癒したいものです。

年末年始なのでラグジュアリー感があるワインをあえて選んでますが、ワイン自身の味わいはバランスが良いものばかりですので、合わせる食事に頭を悩ませなくともワインだけでも十分にお楽しみいただけると思います。
そんなワインとともに素敵な年末年始のひと時をお過ごしください

最後に『情野ソムリエに訊くおすすめワイン』のコンテンツをご覧いただき誠にありがとうございました。
引き続き来年もおいしいワインをおすすめさせていただくつもりです。
今後ともご贔屓いただけましたら幸いです。

ピノ・ノワールの本質を理解できるお手本のようなワイン

ドメーヌ・ブシャール・P&F ボーヌ・デュ・シャトー プルミエ・クリュ ルージュ 2018

ドメーヌ・ブシャール・P&F
ボーヌ・デュ・シャトー プルミエ・クリュ ルージュ 2018

税込6,490

 

情野ソムリエのオススメポイント
ブシャール社の所有する10以上の一級畑をブレンドしている、ユニークなブルゴーニュの赤ワイン。親しみの持てるボーヌのワインはブシャールの真骨頂ともいえます。優しいしっかりした果実味は非常に外交的で、和食にもよく合います。
知り合いの銀座のお寿司やさんはこのワインをハウス赤ワインとして扱っています。ピノ・ノワールの基本となり得る、ピノ・ノワールの本質を理解できるワインと言っても良いのではないでしょうか。詳しく見る

コッテリ料理に合う、まろやかでコクのある赤ワイン

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ 2016

コルテ・アダミ
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ 2016

税込5,940

 

情野ソムリエのオススメポイント
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラのアマローネとは『苦い』という意味です。ただし、これは『レチョート=甘い』ではないという意味あいで、決して苦みが強いというわけではないのでご安心を。
事実、ブドウの房の先端部分のみを干し葡萄にしてから作るワインですので、皮由来のタンニンは十分に熟れ、糖度も上がりアルコールは15.5°となっていますので、私も初めて飲んだ時は『まろやかなコクで美味しい』と思った記憶があります。アマローネはイタリアでは『瞑想のワイン』として知られ、牛&肉のシチューなどコッテリ料理にとてもよく合います。
詳しく見る

飲み飽きないしっかりとした果実味

カテナ アンヘリカ・サパータ カベルネ・フラン 2016

カテナ
アンヘリカ・サパータ カベルネ・フラン 2016

税込5,500

 

情野ソムリエのオススメポイント
カベルネ・フランの世間的なイメージは『メントール香り、ピーマン的なニュアンス』といったところですが、このアルゼンチンのカベルネ・フランは、しっかりした果実味によって青い香りが上手にマスキングされています。
これは標高も高い所で栽培されているのも手伝い、ハングタイム(木になっている期間の長さ)が長くいかがでしょう。また、キレの良さもあるため、いつまで飲んでも飲み飽きない仕上がりです。ゆっとりした気持ちで楽しみたいです。それこそお煎餅だけでも楽しめます。詳しく見る

チリのワインの常識を覆すクオリティ

ル・ディス・ド・ロス・ヴァスコス 2016

ロス・ヴァスコス
ル・ディス・ド・ロス・ヴァスコス 2016

税込5,500

 

情野ソムリエのオススメポイント
年間2000本を超えるワインをテイスティングしますが、その中でこのワインを初めて飲んだ時の衝撃といったら、年に一回あるかないかという程の驚きでした。そもそも『チリのワインでしょ』と『上から目線』で見ていたんですが、その『得も言われぬまろやかさ』にメロメロに。その後チリに訪れ『衝撃が確信』に変わりました。
カベルネ・ソーヴィニヨンとシラーのブレンドで、これが見事にアルコール感とマッチしていて飲むたび『旨い!』と思ってしまいます。すき焼きなど甘塩っぱい料理にはよく合います。詳しく見る

『もう一杯』とあとをひく味わい

ロバート・ヴァイル リースリング・トロッケン 2019

ロバート・ヴァイル
リースリング・トロッケン 2019

税込4,114

 

情野ソムリエのオススメポイント
ドイツの白ワインは飲みやすく、心地よい口当たりがどこか『せつない気持ちにさせてくれる』、ケレン味のない味わいです。
それでいて『飲んだだけでドイツワインとわかる』程味わいにはしっかりとした個性があります。この非常に繊細で優しい味わいはブドウの搾汁も極力優しく行っているからです。ほんのりと感じられる甘味はある意味"お屠蘇感覚"で楽しめます。つい『もう一杯』となるあとを引く味わいで、いつまででも飲んでいられそうなワインです。昆布サラダなど野菜料理には良い相性です。詳しく見る

果実味が溢れ、まろやかな味わいのブラン・ド・ブラン

アンリオ ブラン・ド・ブラン NV

アンリオ
ブラン・ド・ブラン NV

税込9,350

 

情野ソムリエのオススメポイント
シャンパーニュのブラン・ド・ブランといえば、シャルドネの聖地と言われるメニル・シュル・オジェが挙げられますが、どうも酸がシャープ過ぎて熟成に時間がかかります。このアンリオ ブラン・ド・ブランは様々な産地のシャルドネを上手くブレンドするので、『タイトな味わい』ではない『まろやかな』味わいです。ドザージュも約7g/lと少なめにもかかわらず、果実味があふれています。スノッブにならず気軽に楽しめるブラン ド ブラン、車海老の酒蒸しには絶妙なバランスです。詳しく見る

おまとめ6本セット

おまとめセット

情野さんおすすめ6本セット

税込30,800

 

上記ワインをすべてお入れしたワインセットをご用意しました。
おまとめセット特価(15%OFF)にて販売いたします。詳しく見る

今月のスペシャルワイン

スペシャルワイン

ボデガス・ベガ・シシリア
ウニコ 2011

税込74,690

 

情野ソムリエのオススメポイント
スペイン・プリオラート産のワインは『スーパー スパニッシュ』と呼ばれ、世界中から注目されていますが、元祖スーパースパニッシュといえば リベラ デル ドゥエロのこのウニコ。
ウニコとはスペイン語で『唯一、ユニーク』という意味。最低でも10年の熟成を経てからリリースされ、『ユニーク』の名前にふさわしい逸品です。
テンプラニーリョを95%以上ブレンドし、その収量は約20hl/haとブルゴーニュの名だたるドメーヌと同等の超低収量ぶり。そしてワイン造りもユニークです。
フレンチオークの木桶から自社の樽工場で生産したアメリカンオーク樽やフレンチオーク樽に移し、最終的に20,000-40,000Lのフレンチ大樽での熟成を施し出荷されると言います。
年1回はサイズ違いの樽に移し、合計4回移動させるのですが、どの樽をどの様にローテションするか、新樽旧樽の使い分けをどうするのかはワインメーカーが決めています。まるで『スパルタ方式でワインを鍛える!』とでも言えそうな、世界でも類を見ない唯一無二のワイン造りです。

ウニコ自身は十分の空気を取り込んで仕上がっているので瓶詰めされた段階でもうすでに飲み頃ですが、ウニコの飲む作法としてはセラーから取り出しコルクを抜栓し、すぐに飲むのはNGです。
セラー温度ではウニコの真実は現れません。絶対にデキャンターに移して室温に上げてください。そしてグラスも一番大きいグラスで少しずつ注いで(20CCぐらい)、ガブ飲みせずにワインを『すするよう』に飲んでください。時間経過と共にスパイスを伴う妖艶な香りが現れてきます。みんなでワイワイしながらというよりも、是非一口一口グラスと対話しながら飲んでいただきたいのです。グラスに引き込まれるかの様な感覚に襲われます。グラスの中のブドウが立てる叫びを、ウニコの凄さを体験して頂きたいです。詳しく見る