topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
情野ソムリエ特集
ファインズ生産者コラム
スタッフブログ
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ>アピシウス シェフソムリエ 情野氏 に訊く、“今”オススメのワイン

アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン

ソムリエ
情野 博之氏

情野 博之氏

有楽町フランス料理店「アピシウス」シェフソムリエ。
ワイン専門誌への連載のほか、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にて密着取材が放送されるなど、メディアでも活躍。

■国際ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ
■ゴ・エ・ミヨ ガイド2019「ソムリエ オブ ザ イヤー」
■シャンパーニュ・アンリオ アンバサダー
■自由が丘ワインスクール主任講師
■女子栄養大学非常勤講師
■シャンパーニュ騎士団 認定オフィシエ

こんにちは、ソムリエの情野博之です。

ソムリエを生業にしてから約30年、数えられないほどの様々なワインを飲んできました。
本業は40年続く有楽町のフレンチレストラン「アピシウス」のシェフソムリエですが、 それに加え、ワイン雑誌やメディア関連、インポーターさんの試飲会などを含めるとワインの試飲数は年間2000本近くになります。

このコンテンツではその出会ったワインの中から、自分の舌で確信した「美味しいから本当に飲んで欲しい!」をベースに 「気軽に楽しく飲める旨いワイン」を紹介させて頂きます。

今月のオススメ

最近の気候は秋は短くなった様な気がします。暑さが終わると急に木枯しの季節になる様な気がしてなりません。

そんな寒くなる季節に是非おすすめしたいワインの味わいのポイントはズバリ『まろやかな味わい』です。『渋すぎず、酸っぱすぎず』で飲みやすい味わいのワイン選びたい所です。そうなるとワイン産地も見極めないといけません。北の冷涼な産地のものは、酸味などの味わいのメリハリがハッキリしすぎるので、比較的に暖かい温暖な産地のワインを選ぶのがベストです。

そして、今回は少し濃いめのワインを選んでみました。暑い時には飲み疲れしそうな味わいのものでも、この季節にはピッタリの味わいになっているかと思います。選ばせて頂いたワインは全てあまり冷やしすぎずに飲んでください。

辛いキムチ鍋にも行ける、心も体も暖まるワインを是非お楽しみくだい。

ブレンドの妙が光る黒ぶどうのシンフォニー

シャトー・サン・ミッシェル コロンビア・ヴァレー レッド・ブレンド 2017

シャトー・サン・ミッシェル
コロンビア・ヴァレー レッド・ブレンド 2017

税込2,937

 

情野ソムリエのオススメポイント
コロンビア・ヴァレーはワシントン州、オレゴン州にまたがる広大なワイン産地です。
北の産地ですが、ブドウが実る時期の日照時間は長く、メルロ、カベルネ、シラーには適していてます。これらの品種をブレンドして『レッド ブレンド』と名乗っています。香りに果実味がありながら、冷涼な産地であることが脳裏に浮かぶ味わいです。ブドウのハングタイムが長いのでまろやかなタンニン分が特徴。
少し温度を高めにして大きめのグラスで楽しんで欲しい赤ワインです。詳しく見る

コクをじっくり堪能したいまろやか赤ワイン

ジェラール・ベルトラン ヘリテージ トータヴェル 2018

ジェラール・ベルトラン
ヘリテージ トータヴェル 2018

税込3,124

 

情野ソムリエのオススメポイント
南フランスのパイオニア、ジェラール・ベルトランは二代目のワインメーカーで元ラグビーのプロの選手。父親の交通事故によりしばらくプロのラガーマンとワインメーカーの二足のワラジでワイン界をリードしてきました。
このトータヴェルは南フランスのルーションの赤ワインで、非常に外交的な品種グルナッシュ種を主体にしており、まろやかで『舌を掴み込む感覚に襲われる味わい』です。
すき焼きなど醤油を使った味が濃いめの料理にはピタリと寄り添います。
詳しく見る

This is Full Bodied 低重心の赤ワイン

ボデガス・プロトス プロトス 27 2017

ボデガス・プロトス
プロトス 27 2017

税込4,620

 

情野ソムリエのオススメポイント
英国のワイン雑誌で世界最優秀ワイン産地に選ばれた事もあるスペインのリベラ・デル・ドゥエロ産の赤ワインです。
寺院(テンプル)を由来とするテンプラニーニョ種のしっかりとしたボディの厚さが特徴の赤ワイン。色調が黒みがかっていていかにも濃そうな外観です。まだ若々しい印象ですが、甘草やバルサミコの香り、赤いフルーツがオークがもたらすココナッツの香りと溶け合い複雑さを醸しています。
味わいは対照的にジューシで、ほのかなタンニンとのバランスが取れています。
タレで楽しむ牛カルビの焼肉などと楽しんでみたいと思わせる濃厚さが特徴のワインです。詳しく見る

太陽の恵が感じられる、まろやかな白ワイン

ジェラール・ベルトラン シャトー・ロスピタレ グラン・ヴァン ブラン 2019

ジェラール・ベルトラン
シャトー・ロスピタレ グラン・ヴァン ブラン 2019

税込4,873

 

情野ソムリエのオススメポイント
フランスでも最も日照量が多いワイン産地ラ・クラプは地中海に面した国定公園内に位置します。国定公園内なので環境上今後ワイナリーが増えることがないそうです。それ故にあまり馴染みがないのですが、このワイン味わいは強烈なほどの個性が感じられます。
品種構成はブールブラン種主体で、熟すと香り高く、味わい的には酸味は少なく、果実味がふくよかでまろやかな味わいでコクがしっかりと感じられる品種です。香りにナッツやアーモンドのような香ばしさがあり、食前よりもむしろ食中に飲みたくなるようなヴォリューミーな白ワインに仕上がっています。詳しく見る

好き嫌いなく誰からも愛されるクセのない白ワイン

ニールソン サンタ・マリア・ヴァレー ピノ・ブラン 2017

ニールソン
サンタ・マリア・ヴァレー ピノ・ブラン 2017

税込4,873

 

情野ソムリエのオススメポイント
カリフォルニアでも最も冷涼なAVAの一つであるサンタマリアヴァレーの白ワインです。
ピノ・ブラン種は馴染みがない品種ですがとてもフレンドリーで敵を作らない親しみやすい品種です。桃系の香りとジャスミンの香りがしっかり感じられ華やかです。飲むと果実由来の甘味が感じられる、酸が穏やかで丸みのある味わいです。後味にほのかに苦みがあり、これが味わいを引き締めてくれています。全体的には癖がなくニュートラルなので飲み口はとてもスムースです。
グリルした鶏胸肉をトッピングしたシーザーサラダとの組み合わせはとても良いですよ。詳しく見る

おまとめ5本セット

おまとめセット

情野さんおすすめ5本セット

税込19,118

 

上記ワインをすべてお入れしたワインセットをご用意しました。
おまとめセット特価(10%OFF)にて販売いたします。詳しく見る

今月のスペシャルワイン

スペシャルワイン

ドメーヌ・ウィリアム・フェーヴル
シャブリ・グラン・クリュ ブーグロ コート・ブーグロ 2016

税込16,170

 

情野ソムリエのオススメポイント
今回の至宝ワインでは、セットのコクのあるワインとは趣を変え、キレのあるシャルドネをご紹介いたします。

BOUGROS'(ブーグロ)の中のCOTE BOUGUEROTS(コート・ブーグロ)。綴りは違えど同じ意味で、BOUGUEROTSは古風な表記です。ブーグロの区画の下部は急斜面となっており、この区画部分を所有するウイリアム・フェーブルではその急斜面のブドウのみをつかったブーグロを通常のブーグロと区別し、コート・ド・ブーグロとしてリリースしています。この区画の最大斜度は40度を超えます。過去にこの区画を訪問したときに登ってみたのですが、斜度はきつく畑作業のキツさが体感できました。シャブリの様々なグラン・クリュの中で最も斜度がきついのですが、これにより日照条件が他のグラン・クリュより良いのでブドウの熟しがとてもよく、収穫もこの区画から始まることが多いそうです。

ウイリアム・フェーブル醸造長のディディエ・セギエさんは、アンリオがウイリアム・フェーブルを傘下に納めた際にブシャールの醸造チームからウイリアム・フェーブルの醸造責任者に抜擢されました。

そして、シャブリ地区の概ねの生産者が大量生産するため機械収穫を行う中、ウイリアム・フェーブルは収穫を全て手収穫にし、収穫籠も13kgの籠を使うように変更するなど質の向上のための取組を実施。周りの生産者から『手間がかかる』と笑われたそうですが、この地の伝説的ワインメーカー、ラヴノーは『今笑っている者たちはいずれ彼に笑われる』と言ったそうです。実際彼はのちにインターナショナルワインチャレンジ2018にて『ホワイト ワインメーカーオブザイヤー』を受賞し、シャブリ造りの第一人者になりました。グラン・クリュは全て有機栽培/ビオディナミ農法を実施しているため、そこから生まれるワインには『酸のキレ』があり、味わいの輪郭がはっきり出てくるため、味わいに立体感があります。

樽香がないにもかかわらず斜面由来の果実味があるので、シャブリの中では最もヴォリューミーに仕上がっています。海老マヨや帆立と青梗菜の塩炒めなど甲殻類にとてもよく合います。
一般的には『シャブリは冷やして』と言いますが、このワインはやや高めの温度、大きめのグラスで楽しんでいただきたいです。この、名前に「コート」のつくブーグロで是非『シャルドネのピュアな味わい』を堪能して欲しいです。詳しく見る