topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
ラスト1本10%OFF
情野ソムリエ特集
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ>アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン"

アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン

ソムリエ
情野 博之氏

情野 博之氏

有楽町フランス料理店「アピシウス」シェフソムリエ。
ワイン専門誌への連載のほか、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にて密着取材が放送されるなど、メディアでも活躍。

■国際ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ
■ゴ・エ・ミヨ ガイド2019「ソムリエ オブ ザ イヤー」
■シャンパーニュ・アンリオ アンバサダー
■自由が丘ワインスクール主任講師
■女子栄養大学非常勤講師
■シャンパーニュ騎士団 認定オフィシエ

こんにちは、ソムリエの情野博之です。

ソムリエを生業にしてから約30年、数えられないほどの様々なワインを飲んできました。
本業は40年続く有楽町のフレンチレストラン「アピシウス」のシェフソムリエですが、 それに加え、ワイン雑誌やメディア関連、インポーターさんの試飲会などを含めるとワインの試飲数は年間2000本近くになります。

このコンテンツではその出会ったワインの中から、自分の舌で確信した「美味しいから本当に飲んで欲しい!」をベースに 「気軽に楽しく飲める旨いワイン」を紹介させて頂きます。

今月のオススメ

夏真っ盛り、暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?そんな暑い中、今月は『泡特集』です。

泡=シャンパーニュと思われがちです。シャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエで織り成されるシャンパーニュならではの味わいは流石というほかありませんが、実はシャンパーニュの様に瓶内二次発酵で作られる細やかな泡と、炭酸ガスを注入した泡でも味わいの差はそれほど生じないというのが常識で、むしろ味わいを決定づけるのは原料のブドウ素性の良さであると言われています。

世界では様々な品種からスパークリングワインが作られています。その一本一本に作り手のフィロソフィーがあり、なぜ泡を作るのか?と試飲する度に思いを馳巡らせてしまいます。

スパークリングの良さは口当たりの良さ。細やかな気泡が、そのワインの味わいのエッジを上手に包み込んでくれます。

毎日飲みたい!飲み飽きない!『夏のおうち泡』、是非お試しください。

これぞシャンパーニュ、秀逸なバランス感

アンリオ ブラン・ド・ブラン NV

アンリオ
ブラン・ド・ブラン NV

税込9,350

 

情野ソムリエのオススメポイント
メゾン アンリオは家族経営で、醸造長のタクトでシャンパーニュが作られますが、その様子はまるでレストランのシェフの様です。
ブラン ド ブランは『シャルドネハウス』と呼ばれるアンリオ社の真骨頂。
一般的なブラン ド ブランは『酸味が強い』印象が強いですが、アンリオでは様々な畑で取れたシャルドネを上手くブレンドしているので果実味がしっかりしており、思わず甘い?と感じられるほど。
ただし残糖は7g/lとブリュットな仕上りですので、この風味はブドウの熟し方が良い証し。あまり冷やしすぎず(10度ぐらい)で、野菜のピクルスなど、軽やかな料理に合わせて楽しんでください。詳しく見る

シャンパーニュと並べても遜色ないアルゼンチンスパークリング

カテナ DV カテナ・ナチュール NV

カテナ
DV カテナ・ナチュール NV

税込3,498

 

情野ソムリエのオススメポイント
アルゼンチンプレミアムワイナリーの中心的存在、カテナ家。
その一族の2代目当主ドミンゴ・ヴィセンテ・カテナへのオマージュで名付けられた『DVカテナ』はカテナ ブランドが生産する唯一のスパークリングワイン。
爽やかなシトラスの風味はシャルドネから、複雑性はピノ・ノワールからもたらされ、フランス シャンパーニュと全く同じ製法で生み出されます。

ライトでキリリとしたモダンなラテン アメリカ スパークリング ワイン。
ニューワールドのスパークリングは甘めに仕上げるものが多い中、こちらは甘くないので食中向きです。
この作りでコストパフォーマンスがとびきりいいので、ちょっとしたハレの日に気軽に楽しんでほしいです。
詳しく見る

カバを超える、モダンスパニッシュ スパークリング

リョパール リョパール ブリュット・レセルバ 2018

リョパール
リョパール ブリュット・レセルバ 2018

税込3,190

 

情野ソムリエのオススメポイント
スペインのスパークリングといえばカバが有名ですが、近年カバの既定を遥かに超えるスパークリングが誕生しています。
その一つがペネデス限定地域の「コルナビット」。コルピナットは100%オーガニック、決まったワイナリーで作る(つまり醸造の外部委託は不可)、熟成は18ヶ月以上、などの規定があり団体商標としてEUの承認を得ないと名乗れません(現在9社)。

香りは奥ゆかしさがあり、やや柑橘系フルーツの香りの印象。やや後味に苦味が感じられてスッキリしていながらバランスの良さが感じられます。
苦みの強い通常のカバの対極にあるエレガントさが特徴的。塩焼きの焼き鳥などと合わせたい味わいです。詳しく見る

クセがない誰からも愛されるUSスパークリング

ドメーヌ・サン・ミッシェル ミッシェル ブリュット・ロゼ NV

ドメーヌ・サン・ミッシェル
ミッシェル ブリュット・ロゼ NV

税込2,739

 

情野ソムリエのオススメポイント
アメリカワシントン州のコロンビアヴァレーで作られているスパークリングです。ナパなどのアメリカワインとは違い、コロンビアヴァレーはとても冷涼で、ここでは、フランスのブルゴーニュと同じ品種が多く見受けられます。

このロゼスパークリングはキメの細かい泡、グミの様な香りがあります。そして赤い果物の印象が強く華やかな味わい。スッキリしながらも果実味がしっかりしていて飲みやすくバランスが良いので、このまま何も合わせずに楽しんでも良いですし、食事のどのタイミングで飲んでも楽しめます。誰からも好かれるスキのない味わいです。詳しく見る

世界中で楽しまれる軽やかなアロマ

マッツェイ・ヴィッラ・マルチェッロ ヴィッラ・マルチェッロ プロセッコ・ブリュット ミレジマート 2018

マッツェイ・ヴィッラ・マルチェッロ
ヴィッラ・マルチェッロ プロセッコ・ブリュット ミレジマート 2018

税込2,167

 

情野ソムリエのオススメポイント
軽やかなアロマで世界中で成功しているプロセッコですが、75%が輸出に回されるそうです。世界発信しているだけにあか抜けたラベルも目立ちます。

グレラ種特有の白桃やリンゴの蜜的な香りがあります。味わいは、ほのかな苦みがありながらもまろやかな味わい。これもひとえにシャルマ方式で作られているから。酸味がきつくないため、酸っぱいタイプが苦手な方にもおすすめできます。後味にじんわりとヴォリュームがあり、飲みごたえある味わいで、夏のみならずオールシーズン向けの味わい。揚げ物など香ばしい料理とは特に楽しめそうです。詳しく見る

おまとめ5本セット

おまとめセット

情野さんおすすめ5本セット

税込18,480

 

上記ワインをすべてお入れしたワインセットをご用意しました。
おまとめセット特価(10%OFF)にて販売いたします。詳しく見る

スペシャルワイン

至高の1本

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス コルトン・シャルルマーニュ 2017
▲ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス
コルトン・シャルルマーニュ 2017
コルトン・シャルルマーニュのブドウ
▲コルトン・シャルルマーニュのブドウ

暑い夏盛り、どうしてもワイン好きは泡を飲むことが多いとは思います。確かにこってりとした赤ワインや、樽かの効いた白ワインなどどうしても喉が欲しがりませんよね。そんな時におすすめなのはシンプルな白。今回はブシャールのコルトン・シャルルマーニュをおすすめさせて頂きます。

世界的にシャルドネに樽を効かす作り手は多いですが、コルトン・シャルルマーニュには樽香が比較的少なく、シャルドネ本来の素直な味わいが楽しめるのが特徴です。ブルゴーニュはコート・ド・ボーヌにあるコルトンの丘に畑が広がっています。丘の上方では白のコルトン・シャルルマーニュ、下方では赤のコルトンが生まれています。ブシャールのコルトン・シャルルマーニュの畑はその丘の最上部で、気候的にも涼しいエリアで栽培しています。涼しい区画の方が昼夜の寒暖差があるので、酸味がしっかりと残りますし、標高が100メートル上がれば平均気温が約0.6度下がり、よりキビキビした酸味が残ります。それによりボリュームのあるビッグなワインではなくエレガントな仕上がりになります。

個人的にはコシュ・デュリ、フェヴレィ、ブシャールがトップ3。ブシャールは、その中で最もお値打ちです。個人的に2008年から味わいが格段に良くなった様な気がします。

空気を取り入れるため、デキャンターなどに移し替えて、大きめのグラス(赤ワイン用)で楽しんでください。また、あまり冷やしすぎないでください(13℃ぐらい)。こうすれば、得も言われぬ香ばしい香りが広がります。『ゴマっぽい香り、ルッコラの様な香り』、この香りが感じ取れると感動します。余分な樽香がないネイキッドのシャルドネの良さ、シャルドネの生の声が聞けます。

詳しく見る