東京・港区虎ノ門のワイン専門店

10,800円(税込)以上のご購入で1箱まで送料無料!(※沖縄をのぞく) 平日14時までのご注文で当日発送いたします

新規会員登録で500ポイントプレゼント!!

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

ソムリエに相談する
  • ペログビワイン日記
  • 新しいワイン空間 セラー六本木
  • 公式インスタグラム

営業日カレンダー

2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。

ウィリアム・フェーヴル シャブリ 2017
William Fevre Chablis 2017

ウィリアム・フェーヴル シャブリ 2017

拡大画像を見る

※画像は実際のヴィンテージ、ラベルとは異なる場合があります。

商品番号3443620068185
商品名ウィリアム・フェーヴル シャブリ 2017
原産国フランス・ブルゴーニュ
生産地域AOCシャブリ
色・味わい白 すっきりとした辛口
容量750ml
アルコール度数12.5%
販売価格2,800 円(税込)
ポイント140 ポイント
数量
カートに入れるすぐに購入する
  • お気に入りに追加
  • 商品についてのお問い合わせ
ブルゴーニュ AOCシャブリ 白 すっきりとした辛口
品種:シャルドネ
ウィリアム・フェーヴルはシャブリを代表する生産者の一つ。大手といっても、ワイン造りに関しては細心の注意と手間を惜しまない姿勢を持っており、各ワイン専門誌で高評価を獲得し、世界的な人気を誇っています。機械による収穫が主流のシャブリにおいて、収穫は全て手摘み。収穫されたブドウは小さなプラスチックケースで傷つかないように運ばれます。メゾンものに関しても同様に丁寧なワイン造りをしており、買い酒はおろかブドウ果汁で買い付けすることもなく、全てブドウ果で原料を調達しています。シャブリらしいフレッシュな果実味を損なわないように樽の使用は控えめにしており、これぞシャブリ、といったお手本のようなワインを造っています。
これはフェーヴルのメゾンもののスタンダード・シャブリ。平均樹齢は約29〜40年。柑橘系の果実味とキリっとしたミネラル感とのバランスがよいワインです。
(アルコール度数:12.5%)

♪ 濱中のおすすめワイン
これからの季節断然飲みたくなるのは白ワインですよね。
お客様にこれから白ワインをお勧めしていくにあたり、先日社内でシャブリをテーマに勉強会がありました。
特に個人的に好みだったのが、このウィリアム・フェーヴル・シャブリ2013年。
他のシャブリと比べて圧倒的に果実感があるウィリアム・フェーヴル。
このメゾンものでも奥行きがあり、シャブリ特有のミネラルが心地よく、シーフードやサラダにぴったり。
シャブリといえばこのミネラル。
リンゴ酸が豊富で、白ワインといえどワインだけで飲んでいたら疲れてきます。
やはりお料理あっての飲み方をお勧めします。
初夏に野外でキーンと冷やしたシャブリと生牡蠣、サーモンのマリネ、トマトとアサリの冷製パスタなんてのが浮かんできます・・・。
なんて想像してたらまた飲みたくなってきました。
はい買います(笑)。
(2015年3月)

♪ 小山田のおすすめワイン
牡蠣のおいしい季節がやってきました。
牡蠣と言えばシャブリ、シャブリと言えばウィリアム・フェーヴル・・・
新着2012年のシャブリが今回のおすすめです。
シャブリならではのテロワールを表現すべく、「人の手の見えない」ワインづくりにこだわり、ヴィンテージにかかわらず、これぞシャブリ的シャブリを楽しませてくれるウィリアム・フェーヴル。
「難しかった」と言われる2012年ですが・・・
グラスに注いだとたんにフワりと広がるミネラルと柑橘の艶のある良い香り。
ピュアで透明感のある果実の味わいにギュギュと引き締まったミネラルの旨みが隙間無く詰まっていて、歯切れの良い酸のノリも実に期待どおり。
牡蠣の旨みを引き立て、なんとも罪作りな余韻を楽しませてくれる、これぞシャブリ的シャブリです。
スタンダードなこのキュヴェをしてこのおいしさ、このシャブリらしさ。
プルミエ・クリュ、グラン・クリュが楽しみになってしまう一本でもあります。
是非、お試しあれ。ウメェ〜〜〜!!!
(2013年11月)


トップへ
戻る