• The Cellar Roppongi
  • スタッフのおすすめワイン
  • facebook

営業日カレンダー

2018年 12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
.
 

トップ > ニュージーランド > リッポン ジュネス ヤングヴァイン リースリング 2014

商品詳細

リッポン ジュネス ヤングヴァイン リースリング 2014
Rippon Vineyard & Winery Jeunesse Young Vine Riesling 2014

商品番号 2587721624305
商品名 リッポン ジュネス ヤングヴァイン リースリング 2014
原産国 ニュージーランド
生産地域セントラル・オタゴ
色・味わい白 フルーティーな辛口
容量750ml
アルコール度数10.5%
販売価格 2,700 円(税込)
ポイント 27 ポイント
数量  
かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • メールでシェアする
  • お問い合わせ
ニュージーランド セントラル・オタゴ レイク・ワナカ 白 フルーティーな辛口
品種:リースリング
リッポンはニュージーランド南島の南端、セントラル・オタゴにある風光明媚なワイナリー。1975年に一族の3代目であるロルフ・ミルズが実験的にヴィティス・ヴィニフェラのブドウを植樹。その後、専門家の反対を受けつつも、気候的なデータに勇気づけられ、1982年に商業用のブドウ畑を開墾。1989年に最初のワインをリリースしました。これがセントラル・オタゴにおけるワイン造りのパイオニア、リッポン・ヴィンヤードの始まりです。今日、リッポン・ヴィンヤードのワインメーカーは息子のニック・ミルズ。彼はフリースタイル・スキーの選手として知られ、21歳の時に国内チャンピオンに輝いたほどの腕前。1998年の長野オリンピックでも期待されましたが、数ヶ月前に膝を痛め、残念ながら夢は打ち砕かれました。その年に彼はフランスへと渡り、4年間、ジャン・ジャック・コンフュロンやドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティで修業。2002年にリッポンに戻り、ワイン造りの指揮をとることとなりました。
ニックはビオディナミ農法と、新世界では珍しく灌漑によらないブドウ栽培を実践。リッポンのテロワールに忠実なワインを生み出すことに取り組み、彼の手がけるピノ・ノワール、リースリング、ゲヴュルツトラミナーなどのワインは、世界で高い評価を受けています。リッポンの畑はいまだフィロキセラの被害を受けていない、世界でも数少ない畑です。
この若樹のブドウを使用したリースリングは、アプリコットやラ・フランスの華やかな香りとライムパイの様な淡いフレーバーが若いうちから愉しめつつ、セラーで10年寝かせても期待できます。
(アルコール度数:10.5%)