• The Cellar Osaki
  • The Cellar Roppongi
  • スタッフのおすすめワイン
  • facebook

営業日カレンダー

2017年 11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。
 

トップ > まとめ買いがおトク♪2本以上のご注文で5%OFF! > ヴィーニンガー ウィーナー・ホイリゲ 2017

商品詳細

ヴィーニンガー ウィーナー・ホイリゲ 2017
Wieninger Wiener Heuriger 2017

商品番号 9005629677177
商品名 ヴィーニンガー ウィーナー・ホイリゲ 2017
原産国 オーストリア
生産地域ウィーン
色・味わい白 すっきりとした辛口
容量750ml
アルコール度数12%
販売価格 3,580 円(税込)
ポイント 35 ポイント
数量  
かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • メールでシェアする
  • お問い合わせ
オーストリア ウィーン 白 すっきりとした辛口
品種:ゲミッシュター・サッツ(ピノ・ブラン40%、ミュラートゥルガウ25%、ブービエ25%、グリューナー・ヴェルトリーナー10%)
ヴィーニンガーは、ウィーン最北部のシュタマースドルフにあるワイナリー。シュタマースドルフにはホイリゲと呼ばれる居酒屋が数多くあり、新酒の時期にはおおいに賑わいます。ホイリゲと同様にウィーンのワイン文化の一部となっているのがゲミッシュター・サッツ(混植混醸)で、一つの畑にさまざまなブドウ品種をランダムに植え、まとめて収穫・醸造する方法です。観光向けの大量生産ワインに押されてしばらく廃れていたゲミッシュター・サッツを復活させたのがヴィーニンガー醸造所で、2011年よりビオディナミ認定も受けています。醸造はすべてステンレスタンク。収穫後にほんの少し果皮と果汁を浸透させています。
(アルコール度数:12%)

<<<ウィーンのトップ生産者が造る、ビオディナミの高品質ホイリゲ>>>
世界で唯一首都にある商業ベースのワイン生産地ウィーン。
2千年前にローマ軍に侵攻された時にはすでにワイン文化が定着しており、時のローマ人から、Vindobona(ヴィンドボナ=おいしいワインの街)と呼ばれるほどその品質は当時世界最高峰のものでした。
1784年、皇帝ヨーゼフ2世の「ホイリゲ奨励令」以降、醸造所併設のレストランだけで飲まれる混植混醸の白ワインは確固たる地位を築いていましたが、1960年代より観光者向けの大量生産ワインが横行し、かつての栄光は影をひそめました。
そして近年、その栄光を取り戻そうと、精力的に活動し、今や混植混醸ワイン復興の立役者、「ミスター・ゲミシュターサッツ」といわれるのがヴィーニンガー氏。
日本でも各誌媒体で話題になりました。
こちらのホイリゲは、新酒とは思えないほどの凝縮感と力強さ、硬質なミネラル感を持った、芯のあるこだわりの辛口白ワインです。

<<<2017年は???>>>(生産者のフリッツ・ヴィーニンガーさんより)
2017年は結果としてとても良いヴィンテージでした。
発芽は例年よりかなり早かったです。
4月末に遅霜に見舞われましたが、幸い被害は大きくありませんでした。
5月には夏が始まったかのように温暖で、7月まで暖かい気候が続きました。
雨が少なく乾燥していましたが、8月からは雨も降ったので、ワインに冷涼なアロマをもたらしました。
9月は涼しかったのですが、その涼しい気候のおかげで、フレッシュで、はつらつとした酸を保つことができました。
ブドウはビザンベルクの一角、ライフェルのピノ・ブラン、ミュラートゥルガウ、ブービエ、グリューナー・ヴェルトリーナーを使用しています。
いつものように、こちらのワインは「respekt」によって、ビオディナミに認定されています。
2017年ヴィンテージには非常に満足しており、日本の皆様に喜んでいただけることを願っております。